不動産価格の首都圏での上昇の結果

最近の首都圏での新築のマンションの価格がまた値上がりをしているということですが、夫婦で共働きをしている家庭の場合には、両方の収入があるので購入しやすいということはありますが、あまりにも高くなりすぎると購入ができなくなり、あきらめる人たちも増えてきます。
そうなると購入する人が少なくなるので、価格が下がるのではないかとも言われています。
実際はどうなるかはわかりませんが、将来的にも首都圏に人口が流入してくるということですので、資産価値はそれほど下がらず、経済的にも安心ができるということになります。
首都圏での新築マンションの一戸当たりの平均的な購入金額が5800万以上になっているということですので、確かに高くなりすぎているということになります。
東京オリンピックなどの工事で人件費や建設資材が値上がりしているということもあるようですが、超低金利で住宅ローンを利用しやすいといっても、価格が高すぎてはそのメリットも色あせてしまいます。

最新記事